肘が黒ずみ女性のためのケア方法

晴れの結婚披露宴が控えていると、ブライダルエステ通いをする人がいます。
この時に忘れてはならないのが、肘の黒ずみで、前から見れば素敵な花嫁なのですが、
キャンドルサービスなどで気になるのが肘の黒ずみです。

 

純白のウェディングドレスだと、肘の黒ずみが余計に目立ち、
招待客はがっかりするでしょう。
そのようなことが内容に、肘の黒ずみはきちんと消しましょう。

 

 

皮膚科での黒ずみ治療

肘だけではなく身体の℃の部位の黒ずみも皮膚科で治療できます。
治療方法には飲み薬と塗り薬があり、ひどい黒ずみはレーザー治療もあります。
塗り薬はハイドロキノンで、黒ずみの原因になるメラニン色素の生成を阻止します。
ハイドロキノンは保険適用外で、薬局でも売られていますが、
皮膚科で処方されるもののほうが良いようです。
なお、ハイドロキノンは紫外線で酸化するので、炎症を起こすリスクには要注意です。

 

 

自分での黒ずみ対策

生活習慣を見直すことで、自分での黒ずみ改善が可能です。
つまり、普段の生活で肘に摩擦や圧力での刺激を与えないようにしますが、
肘を必要以上に摩擦するような衣類は着用しないようにします。

 

また、癖になる人がいますが、デスクやテーブルに頬杖をつくと、
肘に体重がかかり、かなりの圧力で刺激しますから頬杖はNGです。
さらにナイロンタオルなどで力を入れて肘など身体をこすると、
皮膚への刺激が強すぎますから、身体は石鹸の泡で優しく洗うようにします。
また、入浴後に水気を拭き取ったあとの肘はきちんと保湿しましょう。

 

 

外出時の紫外線予防

紫外線は皮膚を刺激しますから、
外出時は日焼け止めを肘に塗ることも黒ずみ予防になります。
紫外線での刺激を感じるとメラニン色素が生成されて、
それが肘の皮膚に沈着して黒ずみができます。

 

 

そのほかのケア

肘の黒ずみと角質は関係があり、
角質を入れ替えるターンオーバーで黒ずみのメラニンを取り去ることができます。
それには身体全体の血流をスムーズにすることが大切になります。